過払い金返還請求のメリット、デメリット

過払い金返還請求を行うことで、払わなくてもよかった利息部分を返してもらうことができます。すでに返済完了となった債務についても過払い金返還請求ができます。借金の返済の期限も考慮して早めに弁護士など法律の専門家に相談すべきです。

この債務者、また元借金があったが返済したという人にとって、非常に有利な請求になると思われる過払い金返還請求も、実はメリットばかりではなくデメリットもあります。メリットとしては支払う必要のなかったお金が返還されるという事、完済している債務については、ブラックリスト(個人信用情報機関にある債務の履歴のトラブル履歴)には登録されることがないなどがあります。

しかし返済中の方が過払い金返還請求を行いたいという事になると、債務整理扱いとなり、個人信用情報登録機関に債務トラブルとして登録されます。変換された過払い金で今ある債務を完済できれば、リストから除外されます。

また過払い金返還請求を行った消費者金融は二度と利用できないという事、完済後、10年以降は請求できないなどのデメリットがあります。

過払い金請求はデメリットもあり、通常、債務整理と共に行うという人も多いので、政務整理と同時に行うという場合、リストに載ってしまうので、クレジットカードなどを新たに利用できなくなるという事もデメリットでしょう。

過払い金返還請求には期限がある

過払い金返還請求は、出資法と利息制限法の上限金利の間、グレーゾーン金利で借り入れの返済を行ってきた方に適用するものです。こうした支払いを継続してきた問い人については、過払い金返還請求を行うことができます。支払過ぎている法律に沿っていない金利部分について返済した分を返還してもらうために行う請求です。

ただ現在、かなりコマーシャルでも過払い金返還請求について、早く行うようにと伝えています。それはなぜなのかというと、過払い金返還請求には、起源があるからです。完済してから10年は、過払い金返還請求ができる、つまりすでに終わっている債務からも、取り戻せるお金があるかもしれないという事です。

グレーゾーン金利が廃止されてからすでに10年が経過し、2007年以降継続して返済しているという方はいいのですが、すでに支払終わっているという方にとっては、早く過払い金返還請求を行わないと変換されるべきお金が戻ってこないという事になるのです。

2007年以降については、新規借り入れを行った場合、過払い金はほぼ、発生していないとされていますが、念のため、おかしいと思う方は弁護士などに相談する方がいいでしょう。過払い金返還請求には期限があるという事を忘れないようにしておくべきです。

過払い金とは何か

金銭を貸付するときには、利息制限法という利息の上限が定められた法律があります。利息制限法では、借金が10万円未満という元本の場合、年利20%、元本が10万円以下の場合、年利18%、さらに元本が100万円以上という場合、年利15%と定められています。この利息制限法の上限利息を超えた利息分について、過払い金といいます。

本来法律に沿って利息を支払う場合、金額に応じて利息制限法に沿って金利が決められています。金額に応じてその金利計算で返済していくわけです。しかし、ここには出資法という法律もかかわってきていました。

出資法の場合、上限金利が29.2%と定められていて、この法律に違反する場合、刑事罰があります。そのため、どの業者も出資法は守る、でも刑事罰がない利息制限法は守る必要がないと考えていたのです。そこで利息制限法の上限金利から出資法の上限金利の間、グレーゾーンとなっている金利によって貸し付けを行い、儲けていたという事になります。

これがよくグレーゾーン金利と呼ばれていたものです。しかし2006年、最高裁によってグレーゾーン金利を認めないという判決が下ったことによって2010年には、貸金業法による上限金利を利息制限法に1本化するという事になりました。

過払い金返還請求ってなんだろう

最近コマーシャルで、過払い金返還請求という言葉をよく聞くようになりました。債務がない方にとっては、過払い金といわれても興味もなければまったく関係ない話となりますが、債務を持っている方、特に多重債務となっている方にとっては、非常に興味ある言葉でしょう。

消費者金融は現在、多くが法律に沿った利息によって貸し付けを行っています。しかし以前は、貸し付けの際に非常に多くの金利をとり、返済を迫っている企業も多かったのです。貸し付けを行う際には、利息制限法という法律によって定められた利息で、返済金額が変わってきます。

しかし総量規制という法改正があるまでは、グレーゾーンという部分があり、このグレーゾーンによって貸し付けを行って着た業者も多かったのです。この場合、よくコマーシャルでも伝えている過払い金が発生している可能性が出てきます。

この過払い金については、支払終わった債務、つまり債務が完了しても過払い金にあたる場合、また期間内であれば支払い過ぎた過払い金を返還させることができます。これが、過払い金返還請求というものです。

債務に今追われている方は、まず、任意整理などの債務整理を考えましょう。多分、多重債務となっている多くの方は、返済のための借り入れを行っている状態です。こうした状態から抜けだし督促のない生活を送ることができるようになるためにも、過払い金返還請求をよく理解しておくべきなのです。当サイトは過払い金返還請求についてお知らせします。当サイトがあなたの生活の状況を少しでも向上できるようなら幸いです。