過払い金とは何か

金銭を貸付するときには、利息制限法という利息の上限が定められた法律があります。利息制限法では、借金が10万円未満という元本の場合、年利20%、元本が10万円以下の場合、年利18%、さらに元本が100万円以上という場合、年利15%と定められています。この利息制限法の上限利息を超えた利息分について、過払い金といいます。

本来法律に沿って利息を支払う場合、金額に応じて利息制限法に沿って金利が決められています。金額に応じてその金利計算で返済していくわけです。しかし、ここには出資法という法律もかかわってきていました。

出資法の場合、上限金利が29.2%と定められていて、この法律に違反する場合、刑事罰があります。そのため、どの業者も出資法は守る、でも刑事罰がない利息制限法は守る必要がないと考えていたのです。そこで利息制限法の上限金利から出資法の上限金利の間、グレーゾーンとなっている金利によって貸し付けを行い、儲けていたという事になります。

これがよくグレーゾーン金利と呼ばれていたものです。しかし2006年、最高裁によってグレーゾーン金利を認めないという判決が下ったことによって2010年には、貸金業法による上限金利を利息制限法に1本化するという事になりました。

Pocket

Published by admin