過払い金返還請求のメリット、デメリット

過払い金返還請求を行うことで、払わなくてもよかった利息部分を返してもらうことができます。すでに返済完了となった債務についても過払い金返還請求ができます。借金の返済の期限も考慮して早めに弁護士など法律の専門家に相談すべきです。

この債務者、また元借金があったが返済したという人にとって、非常に有利な請求になると思われる過払い金返還請求も、実はメリットばかりではなくデメリットもあります。メリットとしては支払う必要のなかったお金が返還されるという事、完済している債務については、ブラックリスト(個人信用情報機関にある債務の履歴のトラブル履歴)には登録されることがないなどがあります。

しかし返済中の方が過払い金返還請求を行いたいという事になると、債務整理扱いとなり、個人信用情報登録機関に債務トラブルとして登録されます。変換された過払い金で今ある債務を完済できれば、リストから除外されます。

また過払い金返還請求を行った消費者金融は二度と利用できないという事、完済後、10年以降は請求できないなどのデメリットがあります。

過払い金請求はデメリットもあり、通常、債務整理と共に行うという人も多いので、政務整理と同時に行うという場合、リストに載ってしまうので、クレジットカードなどを新たに利用できなくなるという事もデメリットでしょう。

Pocket

Published by admin